婦人科 西宮市 芦屋市  ピル外来 子宮ガン検診  不妊治療  体外受精  人工授精   パーコールAIHタイトル
 
クリニック
施設案内
不妊について
不妊検査
不妊治療

月経異常更年期・ガン検診プラセンタ治療男女うみわけ 





 

(A) 子宮内膜症とはどんな病気ですか?

   子宮は(1)子宮筋という筋肉から出来ている袋状の臓器ですが、その袋の内側は(2)子宮内膜という薄い膜で裏うちされています。

子宮内膜は本来、子宮の内側だけに存在し、妊娠する場所になります。しかし妊娠しない場合はこの内膜は剥がれて出血し、月経となります。しかし時にこの子宮内膜が子宮の内側だけではなく、他の臓器、例えば卵巣や卵管、あるいは腹腔内、直腸の表面などの異所に芽ばえその場所で増えてしまうのが子宮内膜症という病気です。
特に内膜症が好発する場所を図2に示しました。

 

(1)卵巣の内側、表面

(2)子宮と直腸の間のダグラス窩と呼ばれる部分

(3)子宮の筋肉の間(これは特に腺筋症とよばれます)

(4)その他、子宮や直腸表面の腹膜など。

(B) 子宮内膜症はどうして発生するのですか?

  はっきりした発生の原因はまだわかっていません。月経の時、内膜が剥がれて子宮から膣へ出ていきます。これが月経ですが、その時子宮内膜の一部が子宮から逆流して卵管を通り腹腔内にばらまかれ、内膜の一部がそこで発育する説が有力な説(子宮内膜逆流脱)の一つです。 

(C) 子宮内膜症にはどのような症状がありますか?

1.月経痛(月経困難症)
子宮内膜症による月経痛(生理痛)の特徴は
強い生理痛
痛みが強いので鎮痛剤が必要である。
市販の鎮痛剤を服用しても充分痛みがとれない。
年々痛みが増強する(5年前よりも3年前、3年前よりも今年というように年々月経痛が増強する)。
腹痛だけでなく、肛門や膣の奥の方も痛い。
腹痛だけでなく、悪心や嘔吐を伴うこともあります。

2.生理痛以外にも時々腹痛がある。
特に排卵期(生理と生理の中間の頃)や生理前にも腹痛がある。

3.性交痛
子宮内膜症がダクラス窩にあるとしばしばセックスの時、膣の奥が痛むこと(性交痛)があります。
4.月経時に下痢をしやすい。
 
5.月経の血液量が多い(過多月経)
月経の血液にレバーのような凝血がまじるようだと過多月経と考えられますが、子宮内膜症にはしばしば過多月経を伴います。
6.不妊症
子宮内膜症があると全ての人が不妊症になるわけではありませんが、逆に不妊症の20%位が子宮内膜症が原因といわれています。


以上のように子宮内膜症にはいろいろな症状を伴います。しかし、症状の全てがでるわけではなく、そのいくつかが組み合わさっていることが多いのです。特にその中で症状項目1.2.3.5は重要な症状です。ですから、御自身にあてはまる症状がいくつか自覚できるようであれば子宮内膜症が疑われますので一度受診されることをおすすめします。

(D) 子宮内膜症はどういうふうに診断しますか?

子宮内膜症を診断するには通常次のような方法が用いられます。

1) 問診
2) 内診
3) 超音波
4) MRI
5) 血液検査(CA125というマーカー)
6) 腹腔鏡


しかし、1〜6の全てを動員しないと診断がつかないわけではありません。通常1の問診で内膜症の疑いがあると判断した場合、内診にて子宮の後方(ダグラス窩)にしこり(硬結)がないかどうか、あるいは圧痛があるかどうか、あるいは卵巣がはれていないか(肥大)どうかわかります。ある程度進んだ内膜症ではこの内診で診断がほぼつきます。内診の時間は1〜2分間で特別な苦痛を伴うものではありません。
また,3の超音波は内膜症が卵巣の内にでき、チョコレートのう腫とよばれるように血液がたまった状態を診断するのに効果的です。また4のMRIという断層撮影も同様です。
5の血液検査は補助的な方法ですが,血液中のCA-125という腫瘍マーカーが内膜症では高くなることがあり、このCA-125が高値であれば内膜症がある程度進んだ状態と考えられます。しかし、これが正常値であるからといって内膜症を否定することはできません。
最後に6の腹腔鏡です。これは腹腔鏡という内視鏡(おへその直下から内視鏡を入れ、骨盤の内を観察し、さらには内膜症の部分を取り除いたりすることもできます。)をお腹の内に入れて、直接診断する方法です。この方法はお腹の中に内膜症が本当にあるかどうか、あるいは病巣の広がり具合を直接みて診断が可能なことから最も信頼できる方法です。しかし腹腔鏡は通常、入院の上、全身麻酔が必要ですし、必ずしも負担が少ない方法ではありません。ですから腹腔鏡が必要な場合は1 )内膜症がかなり進んでいて、薬などの治療では不充分な方で、内視鏡をみながらの切除、焼灼などの外科的処置が必要な人。あるいは2)1)のような人でさらに不妊症を伴う人などが腹腔鏡の対象になります。
 また内膜症の殆どは診断法1〜5で診断が確定できます。ですから生理痛を訴えて受診したら内膜症が疑われたので、いきなり腹腔鏡をしましょうということはまずありません。

 

    





Copyright(c)2004-2006 Suzuki Ladies clinic. All Rights Reserved.